◇用意するもの



万華鏡用ミラー(中)透明球付き

・内径30mmの紙管

 「マーブルジャンボ」か「アポロジャンボ」(明治製菓)の空き箱でも可。普通のマーブルチョコではないので注意。

・ステップアップリングやステップダウンリング

 カメラに取り付ける際に使う。

・厚手の両面テープ

・テープ

 ここで利用したのはパーマセルテープだが、マスキングテープなどでも可

・カッターかハサミ



(1)3枚のミラーをテープでつなぐ。キラキラしている方が裏面なので、キラキラしている側にテープを貼る。組み合わせた時に隙間ができないように鏡同士の間を少し空ける(1mm程度)。



(2)最後の辺をテープでつないで三角柱にする。鏡には薄い保護用のフィルムが貼ってあるので、テープでつなぐ前にフィルムを剥がしておく。



(3)組み合わせ方は図のようにして、少しずつずらせておく。



(4)テープで鏡を組み合わせたら、両端や繋ぎ目にもテープを貼り、しっかりと補強しておく。



(5)紙管を長さ170mm程度にカットする。また、このままだとフタが入らないので、縦に切り込みを入れておく。



(6)ステップダウンリングの内側に厚手の両面テープを貼り、筒の底側に取り付ける。また筒の内側には小さく切ったスポンジを詰めて、ミラーを固定する。



(7)「マーブルジャンボ」のフタ部分に厚手の両面テープでアクリル球を接着し、脱落しないようにする。



(8)透明球のついたフタ側とミラーが入った筒側をつなぐ。繋ぎ目はテープで巻き、脱落しないようにする。ステップダウンリングと筒もテープで補強しておく。



(9)ステップアップリングを使ってレンズに取り付ける。



 

●ステップアップリング、ステップダウンリング


レンズのフィルター径を変えるための機材でカメラ店で販売されています。ステップアップリングは径を大きくする場合に、ステップダウンリングは径を小さくする場合に利用します。

「マーブルジャンボ」の紙管には37mmにするステップダウンリングが合います。

例:フィルター径46mmのレンズに取り付ける場合

52mm→37mmのステップダウンリングを両面テープを使って筒に取り付ける。46mm→52mmのステップアップリングを使ってレンズに取り付ける。

 

●フォーカスについて


オートフォーカスでピントが合わない場合は、マニュアルフォーカスでお使いください。最短撮影距離が長いレンズではフォーカスが合わない場合があります。
 

「万華鏡用ミラー(中)透明球付き」の販売ページ


●参考ページ

「万華鏡カメラ」を作ってみよう(デジカメWatch)

 

上原光子の本がでました!

マトリョーシカのレシピ帖
●店長 上原光子
母から子に伝えたい事をテーマに様々なジャンルで物作りをしています。 マトリョミンオーダーペイントをしながら、全国にマトリョミンの輪を広げるべく各地でイベントや演奏活動も行っています。
日々のブログ
facebookページ

マミンカNEWS

maminnkaの商品や、製作のヒントなど

宙玉と万華鏡

かごの中身

View Cart

商品検索

カテゴリー

Free Page

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM